植物工場研究所

植物工場製品の特徴

トップへ

植物工場とは

植物栽培用光源

ビタミンC含有量

成長率

光合成速度

インテリア

◆植物工場で栽培された野菜

   完全制御型植物工場では完全無農薬、新鮮で栄養価の高い野菜を、狭い土地で大量生産することができる。

 植物工場では環境がクリーンに管理され、水耕栽培なので土壌を使用しなく、また、農薬を使わないため、細菌の数が非常に少ないので、一般的には洗わずにそのまま食べることができる。あるいは水でさっと表面にかける程度で料理をするか、葉菜類についてはそのまま食べることも可能でしょう。いずれにせよ料理の手間が大幅に減ること請け合いといえるでしょう。従って、水道水の経済化がはかれます。

 肥料の管理も行き届き、環境条件を好適に制御しているので、ビタミン含有量がとても高い。販売店までの運送が迅速に行なわれることにより、新鮮な状態で消費者に届けることが出来ます。

◆植物工場実用化の動き

 野菜の栽培は工場生産の形を取るので、季節に関係なくいつでも旬な野菜を提供できます。さらに生産調節ができ生産性が高いという特徴があります。市場の予測により、計画生産が適確に行なえるといったことが植物工場製品の大きな特長といえるでしょう。いま実用化が進展しており、必要な技術をもっていれば商用化寸前のところまできています。近年、有機農産物に人気が集まっているようだが、生産物の総合評価では工場生産物の方が一般的には優れています。

◆インテリアにもなる花の栽培

 試験管のような容器の中で、組織培養により花を咲かせるということも可能になってきました。高品質に花を保持することも組織培養技術の特徴で、インテリアとしての利用も考えられます。造花と比べても本物であるという事実がなによりもうれしく、光源に発光ダイオードを用いることで、夜間には花と光のコントラストが楽しめます。

トップへ