植物工場研究所

高辻代表のプロフィール

トップへ

 

高辻 正基  (たかつじまさもと)

 植物工場に関しては1974年に日立中央研究所にて、日本で始めて研究を開始したこの分野のオリジネーター。植物工場の基礎を確立し、つくば科学万博のレタス生産工場、ダイエーのバイオファームなどいくつかの植物工場を手がけた。1989年に日本植物工場学会(*)を設立。1994年に東海大で、世界でいちはやく赤色と青色のLEDを使った植物栽培を実現した。最近では研究グループで、特定の周期のパルス照射により光合成の効率が大幅に高まることを発見し、多大の反響を呼んだ。これは今後、植物工場の実用化に大いに貢献すると考えられる。

(*)2007年に日本生物環境調節学会と合併し日本生物環境工学会となった。

 

 

理学博士

㈶ 社会開発研究センター

植物工場・農商工専門委員会 委員長

 

  ・略歴

1940年東京生まれ  

1962年東京大学工学部応用物理学科卒

   1962年日立製作所入社 中央研究所主任研究員、基礎研究

    所研究主幹をへて 

    1988年から東海大学非常勤教授。東大理学部、工学部、

    農学部、京大理学部、東北大電気通信研究所、電

    通大情報工学科などの非常勤講師を歴任

  1991年から2007まで東海大学開発工学部教授

  2004年から2009年まで東京農業大学客員教授

  2009年から現職

 

・学会関係活動

日本生物環境工学会名誉理事長

文理シナジー学会名誉会長

 

 

・研究歴

 レーザー、植物工場、文理シナジーなどの研究

 

・現在の専門分野

 (1) 植物工場

  @ 植物工場の基礎と実用化に関する研究

  A 発光ダイオード、レーザーダイオードの栽培光源と

   しての利用

 (2) 文理シナジー

  @ 文科系と理科系の融合に関する研究

  A 地球環境問題、特にエネルギー資源の問題

 

・賞罰

 1989年 日本植物工場学会学術賞

 1994年 日本植物工場学会論文賞

 1998年 日本植物工場学会功績賞

 2001年 文理シナジー学会学術賞

 2004年 日本農学賞・読売農学賞

 2005 日本農業工学会フェロー

 

・主な著書(著書約25冊、主要論文約70

 「地球と人類は持続するか−定常平衡文明に向けて」

   裳華房、1994

 「植物工場の基礎と実際」

   裳華房、1996

 「文理シナジーの発想―文科と理科の壁を越えて」

   丸善、1998

 「知の総合化への思考法―科学的思考と直感」

   東海大学出版会、2000

 「文理シナジーの考え方と深層分析への応用」

 −谷崎潤一郎 三島由紀夫 ロートレアモン−

   シナジー研究センター第2版 2007

 「完全制御型植物工場」

   オーム社、2007

 「図解よくわかる植物工場」

   日刊工業新聞社、2010

 「LED植物工場」

   日刊工業新聞社、2011

 「図解よくわかる農業技術イノベーション」

   日刊工業新聞社、2011

トップへ