植物工場研究所

植物工場建設・運営に関する試算例 (消費税率8%対応)

トップに戻る

植物工場研究所が把握している採算性の良い植物工場の試算例を以下に示す。

光源を蛍光灯の場合としているが、LEDとする場合は設備費が高くなる。

試算の内容は条件によって変わってくるが、すべて経営の方針に依存する。

計算は実際の建設と運営した場合のデータに基づいてなされている。

グラフデータの栽培段数は作業性を重視し8段とした。

グラフのデータは資金返済ありの場合を示します。

店頭価格は現在販売されている植物工場生産レタスの店頭価格を示します。税金は利益から支払います。

利益が多いので、その活用法として、

 @作業者の給与をパート代から社員扱いが可能、

 A工場の増設を行う、

 B借入資金返済が短期間にできる、

 C技術研究開発を行う、

 D他の事業展開に活用する。

自治体地域活性化事業として植物工場に補助金・助成金を活用した場合

 事業者は利益から返還が容易

 さらに自治体には雇用の創出に加え税収が増える利点がある。

 回収された補助金を次年度に流用できる。